雨漏りが生じた場合の保険の適応について

雨漏りは、その原因によって保険が適応されるかどうかが異なってきます。

利便性を重視した雨漏りの修理の情報ならお任せください。

台風などによる強風によって屋根が破損し、雨漏りが生じたような場合であれば、その損害については補償の対象となりますが、外壁が老朽化して水が吹きこんできたような場合であれば、その損害については補償の対象外となります。

毎日新聞情報選びをお手伝いするサイトです。

老朽化が原因で起きた被害については事前に予測が可能であり、修繕するなどの対策を取ることが可能だからです。



補償されるためには、事故性、つまり突然起きる予測不可能であって止められないことが必要となるためです。

そのため、築年数の古い木造の家屋であれば、原則補償の対象にならないことが多いと考えられますが、集合住宅で天井から水漏れがしてきたような場合には、話が複雑になります。


この場合、まずは原因を特定しなければなりません。

外壁の老朽化であれば、補償の対象とはなりませんが、上階の人が原因の事故の場合であれば補償を受けることができます。
なお、火災保険については建物が対象となっていますので、仮に事故性のある雨漏りで建物の修理等について補償がなされた場合であっても、家電や家具の破損にかんしては補償の対象外となっています。
このため家財道具の補償までを希望する場合は、家財保険が必要になってきます。

雨漏りに関しては、原因に事故性があるか否かで補償されるかどうか異なりますし、また補償の対象となるものであっても、建物のみの補償となることに注意して保険を選ぶ必要があります。

top