意外に知られていない雨漏りと保険の関係

世の中には、知っているようで意外と知られていないことがたくさんあります。



例えば、源頼朝と源実朝が兄弟だと言うことはそれほど知られていませんし、徳川吉宗は180センチ以上身長があり、当時としては大男だったということも知られていません。
世界で初めて飛行機で空を飛んだのは実は日本人だったということも知られていないのです。

このような出来事は身近にもたくさんあります。
中には知らない方がよかったということもありますが、知っておいたほうがお得ということもたくさんあるでしょう。


その一つが雨漏りについてです。



雨漏りは、梅雨や9月頃の秋雨が降る時に起こりやすいのが特徴になります。

コトバンクの最新情報ならこちらを参考にしてください。

雨漏りが発生したときには修理代がかかりますが、雨漏りの修理は保険を適用することができるのです。
もう少しわかり易くいうと、一戸建て住宅などを所有している場合、火災保険に入っているのが普通になるでしょう。


実際に、統計上は8割以上の住宅で加入しているのです。

その火災保険の中には、風害や雪害などで屋根が壊れた場合には、保険が適用できる旨書かれています。
つまり、雨漏りと風害や雪害の因果関係を証明することができれば、保険を適用することができることになります。
ですが、そう簡単にお金がおりるわけではありません。
そこで、その道の専門家が所属している修理会社やリフォーム会社の人にお願いをしてみると良いでしょう。


どのリフォーム会社に専門家がいるか分かりませんので、事前にリサーチをしてみましょう。

top